【ネタバレ有プレイ日記】黒鷲学級  第一章 花冠の節 霧中の叛乱 レア様に逆らうとやられる

スポンサーリンク
FE風花雪月

ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲の学級のネタバレ有プレイ日記です。今回は第一章の花冠の節、ロナート卿の反乱の章をプレイしていきます。

プレイ状況

  • 2週目のプレイ 1周目は青獅子ルート
  • 難易度ハード カジュアルモード
  • ゲームの上手さは下の上
  • 聞き逃しとか勘違いとか沢山あると思います
スポンサーリンク

今節の課題

今節は、王国の小領主、ロナート卿が反乱を起こしたとのことでその事後処理が課題となりました。

レア様真顔でこんなこと仰る。セイロス教に歯向かうものは皆殺しってわけですね。

うら若い生徒たちによく教育してくださるようです。

王国の中で起きた反乱なのにセイロス騎士団が駆り出されるということは、ロナート卿は教団に対して宣戦布告したということですかね。

こういった場合、王国側は鎮圧に手を貸してくれるんでしょうか。一応セイロス教は国教だし仲良くやっているようなので貸してくれそうな気もする。

第2週 散策

さて張り切って散策です。

今節はロナート卿との戦いとのことで、アッシュ君にも出撃してもらおうと思います。

大聖堂で項垂れていたアッシュ君に課題協力を仰ぎ、ついでにスカウトしようとしたら断られました。2週目でもアッシュ君だけは愛でスカウトしたいと思います。

 

食堂にて、セテスが「フレンを狙ってる奴がいる。殺してやる。」とプリプリ怒ってました。

セテスは一応ちゃんとした大人で常識もあるし、ユニット性能も悪くないのですがイマイチ人気がありません。きっとこういうところがアカンのだと思います。

 

気まぐれにシルヴァンをスカウトしてみたらアッサリ釣れました。主人公が女性だとこうらしいです。お前に意思はないのか

しかし今回はスカウトを極力しないで行こうと思っているので、誘っておいてなんですがお断りさせていただきました。

 

今節から教員研修が受けられるようになったので、食事ばかりでなく研修もしつつ行動力を消費します。

第3週 出撃

今節もフリー出撃を活用してレベル差で勝ちに行きます。今回も草むらを活用して姑息にかしこくレベル上げ。

 

ドロテアの理学のレベルがCになり射程3の「トロン」を習得。射程3は(いまのところ)弓にも反撃されないからいいぞ!

同じく理学Cのヒューベルト。ヒューベルトの魔法は末尾に謎の記号がついていて中二病感が溢れています

魔導士系ふたりは今のところ大きな実力差はなく、トロンを覚えたドロテアが利便性で一歩出ているかなというところ。

このまま順当に魔導士に育てるか迷います。ヒューベルトはそこそこ力も高いように見えるのでエピタフやらせても面白いかもしれませんね。見た目もちょっと落ち武者感あるしね。

 

ディミトリもそうでしたが、級長の子はやはり能力が高いですね。力が圧倒的です。

ただ、敵が草むらに居るときなどは攻撃をよく外し、しかも2回攻撃を受けることもあるので技や速さも伸ばしていく必要を感じます。

攻撃外しまくるエーデルガルトなんて嫌です。ソードマスター系かブリガント系に転職かな。

 

他の仲間はまあ順調に育っています。しかし、フェルディナントが中途半端すぎてパッとしないです。(パッとしなさ過ぎてキャプチャすら撮ってない)

重装の適性が目覚めたのでゴリゴリの重装兵にして前線に放り出すことを画策しています。これなら多少はいけるやろ。

 

フリー戦闘を3回繰り返し、生徒のレベルを8から10くらいまで上げておきます。(但し、アッシュ君はスポット参加なのでレベル5から上がらず。)

これくらいあれば次のイベントバトルも大丈夫なはず。

第4週 散策と資格試験

レベルも上がったので今週も散策。ひたすら教員研修と食事です。

先々週話忘れていたディミトリと話すとこんなこと言ってました。王国は国王になれる年齢が決まっているんでしょうか。

国王暗殺というイレギュラーな事態が起こっているし、ディミトリも17歳と子供ではないのでサッサと国王になってしまった方がよかったのでは…?と青獅子ルートをやると思ってしまうわけです。

あと、ディミトリの前髪が気になってしょうがない

 

ベルちゃんと食事を作りました。ベルちゃんは料理が得意なようです。

 

そういえば課外授業でエーデルガルトとフェルディナントに草むしりさせているのですが、仲が悪そうです。なぜ組ませるのか、それは面白いからに決まっているじゃないか

 

中級職を受けられるようになったので先生を傭兵に。先生は後々ニルヴァーナという優秀専用職が用意されているし、何やらせても無難にこなすので育成が適当になりがちです。

他は前回上げられなかった子達を昇級させました。

  • フェルディナント⇒戦士
  • ベルナデッタ⇒戦士

支援会話

ご飯に誘いまくり、出撃しまくったおかげで支援がだいたいCくらいになってきました。

支援会話を見るとそれぞれの生徒たちの人となりが分かってきます。

印象的だったものをちょこちょこ書いていきます。

エーデルガルト ヒューベルト C

血みどろの道を進む意思を語るエーデルガルトとそれに付き従うことを改めて宣言するヒューベルト。しかし、会話の中で「修道院での時間を楽しんでいる」との発言。

特にヒューベルトは発言や行動から人間味を感じていなかったのですが、年相応の若者らしいところもあるようです。

ドロテア カスパル C

喧嘩っ早くて子供っぽいと思っていたカスパルですが、男漁りをするドロテアに対してこの一言。

相手を馬鹿にせず、置かれた状況を理解して受け入れることができる、とても大人な対応。

将来いい男になりそうです。

課題出撃

ロナート卿のいるガスパール領へ向かうと突然ご本人が現れ、戦うことに。かつて息子を教団に殺された強い恨みを持って襲ってきます。

配下の兵士だけでなく領民までもロナート卿のために戦っています。とても領民に慕われていた領主だったのでしょうね。

 

そんな人たちを倒すのは心が痛むな~と思いつつ戦っていたのですが…少々レベルを上げすぎた感があります。敵のレベル6だもんね!

草むらを使わなくても敵がバタバタ倒れていきます。ロナート卿の出現までサクサクでした。

 

スポットでついてきてもらったアッシュ君でロナート卿に攻撃すると特殊会話が発生。

アッシュ君の声はもうロナート卿には届かないようです。

アッシュ君がロナート卿に対してダメージ2しか出ないんですが…アッシュ君でロナート卿は倒せないようになっているのか。偉大な養父ですもの

カスパルの籠手の攻撃はまさかのダメージ0。

エーデルガルトは17。ダメージ違いすぎやろ

最後はリンハルトでトドメです。

アッシュ君は当方が責任をもって育てるから安心して…!

戦闘後

戦闘後、民兵を被害者のように扱うことを、エーデルガルトは「間違っている」といいます。

相いれない正義を持つ者同士が戦った結果であり、排除するかされるかしかないので仕方ない。

どうやら彼女の中には話し合って解決策を探るといった選択肢は無いようです。

このへんディミトリと対照的です。ディミトリは一時期復讐に皆を巻き込んでいましたが、最終的には皆を幸せにする王になることを望んでいましたので。

 

修道院に帰ったらレア様がまた怖いこと言ってた

今節の門番

最後に、修道院の門の前に立っているなんとなくみんなが親しみを感じている門番より一言。

雷霆はすごいらしいです(小並感)

さて、1章花冠の節はこの辺で終了です。お付き合いありがとうございました。

続きはこちら。

【ネタバレ有プレイ日記】黒鷲学級  第一章 青海の節 女神再誕の儀 死神騎士をアッシュ君のおかげで倒す
ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲の学級のネタバレ有プレイ日記です。今回は第一章の青海の節、女神再誕の儀をプレイしていきます。 プレイ状況 2週目のプレイ 1周目は青獅子ルート 難易度ハード カジュアルモード ゲ...

コメント

  1. […] 【ネタバレ有プレイ日記】黒鷲学級  第一章 花冠の節 霧中の叛乱 レ… FE風花雪月プレイ日記 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー Hirokoをフォローする Hiroko オカメ遊技場 […]

タイトルとURLをコピーしました